夫婦をこえていけ?


f:id:hibinoshokutaku:20161024115133j:image

旦那さんと出会って8年目、付き合って6年目に突入したらしい。

 

私は、日々に忙殺されていて失念していた。が、律儀な旦那さんはGoogleカレンダーを見て「記念日!記念日!」と言っていた。

 

彼は、「一緒」になにかするのが好きなので美味しい中華を食べることにした。

私は、五目汁そば。

彼は、その店の名物の酸辣湯麺

 

五目汁そばは、これでもかと野菜も海鮮もぎちぎちつまっている。

ここの名物酸辣湯麺は、干し椎茸の出汁がきいていて、きのこや卵がどっさりはいってる。干した豆腐が糸状になっている豆腐干糸がアクセントになっている。

 

二人で、ふうふう言いながら食べる。

 

話すことは、保育園に行ってる息子のこと。

プレスクールにいれるか、保育園にいれるか。

幼稚園の受験はどうするか、とか。

この前見に行った電車の話とか。

 

一緒にいる期間が長くなっていって、家族の構成員も変わっていって話す内容も変容していく。

 

「これは、滋味深い味だね」

「滋味深い」

 

二人の好きなエッセイに、滋味深い味という話がある。

なにか美味しいものに出会うと、滋味深いと言い合う不思議なやり取り。

そういうくだらないやり取りとか、旦那さんを「せんせい」といってしまうことや変な言葉遊びは変わらず。

 

付き合って6年目。

私の中で、すごく好きで好きでは落ち着いてきた。

けれど、甘えのようなものも出ていて文句を言ったり遠ざけてみたり。

と思えば、やはりこの人でないとというのもあったり。

不思議な心持ちだ。

 

最近、お風呂で流す星野源の曲の歌詞にどきりとした。

「夫婦をこえていけ」

夫婦を超えるってどんな感じなんだろう。

夫婦を超えたらどうなるのか。

 

この不思議な心持ち、どうなっていくのか。

軽やかな歌声と裸でダンスする息子をみて、ぼんやり考えた6年目。

 

広告を非表示にする