読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェオレ難民

エッセイ 珈琲
世の中には、いつの間にかカフェラテが氾濫してる気がする。
 
コンビニのコーヒーマシン、スーパーの冷蔵庫、コーヒーチェーン、カフェなど。
コーヒー飲料のコーナーやメニューをみているとカフェラテばかりだ。
 
海外での定義はわからないが、日本の大半のカフェに入って思うのだが。
カフェラテは、エスプレッソという濃い目のコーヒーにスチーマーで温めたミルクと泡をいれる。
対して、私が愛してやまないカフェオレはドリップコーヒーにミルクを入れたものだ。
  
メニューを開いて、カフェオレがないと本当に落胆する。
それほど、体感だがカフェラテが世の中に多いと思っている。
いつの間にかドリップコーヒーよりエスプレッソが幅を利かせている気がする。
 
ドリップのコーヒーは、ドリップが面倒だったり多めに淹れたとしても長く保温して風味がだめになったり案外手間だ。
(長く保温すると風味が落ちて煮詰まったようなへんなすっぱい味だ)

エスプレッソは、何だかおしゃれだしマシンでも直火式でも都度都度淹れるしかない濃い飲み物だ。
ドリップのコーヒーのほうが、どことなく地味で優しくてそれに牛乳が入ってるだけでほっとするから大好きだ。
 
きょうもどこかにカフェオレがないか。
カフェオレ難民としては、ちらちら探している。

広告を非表示にする