れすかん(レスト管理)のススメ

産前は、疲れるまで活動していた。 倒れたり具合が悪いとか風邪をひいてから少し休憩して、活動しての繰り返し。 疲れて、果ては休めず、苛々して悪循環にいたこともある。 疲れ果てていくと、自分の感情を抱えている力がなく少しの刺激に反応して苛々してい…

必要以上に親切にしないプロジェクト

春になる前。 クリスマス前後やお正月での、旦那さんの友達への接待やら義実家への気遣いに心身がボロボロになっていった。 やっても、あまり感謝はないし、損してるし報われない。 でも良いオクサンはこうしなきゃ あれも手伝いしなきゃ もっと頑張らなきゃ…

4月にスタート"ダッシュ"しない

この4月から、息子氏は保育園に入園する。 去年はよちよち歩きで、菜の花や桜の中を何回も転んではらはらしていたのが遠い昔の事のように感じられる。 それくらい、子供の成長は早い。 入園準備で衣料品店にいくと、どこもかしこも「入学、入園準備」。 やれ…

劇的は遠回りで、地味は近道。

少し前、ぼんやりスマートフォンを眺めていたら。 何気なく、「劇的な」というタイトルのブログ記事を読んでいて、ほうと思った。 油断していると、そういう耳障りがいい言葉や文句はいくらでも刺激としてカラダに侵入してくる。 好きなことをしよう、仕事を…

備忘録的:2016年買って良かったモノ

減らしつつも、やっぱりモノが好きだし買い物大好き。 欲しいぴったりのものがやってくるまでは、もどかしい。 けれど、それが家に来るとぐっと生活が変わるのが嬉しい。 そういうモノと、今年も出会えた気がする。 (台所まわり編) ・ラバーゼの調理器具 ・i…

こうやって人間の感情は生まれていくのか?

日曜日。 思いつきで都心の駅に息子氏と旦那さんと3人でいく。 お目当ては、息子氏の靴と電車が見えるカフェに行くこと。 靴は足のサイズが変わっていなくて必要なかった。なので、本屋で本を見たりしてダラダラ夕方を過ごしてカフェに向かう。 電車が目の前…

口から言葉がするする出てきた、三十路の朝。

三十路前日。 何かを察知したのか、息子氏は珍しく高熱出して風邪。 夜中もうんうん唸りながら、母を布団から追い出していく。 去年なら眠れなくてきっと怒ってたけれど、今年は「あーハイハイ。」と先に起きてしまう。 こっそり布団を抜け出して、朝から録…

備忘録的:約2歳児くらいまで役立ったモノ

おかげさまで、あと1ヶ月くらいで息子氏2歳。 もっと早くまとめたかったけれど、いつかの誰かのために役立つと信じ、また自分の備忘録として育児に役立ったグッズを綴っていきたいと思う。 ・ルンバ ・食洗機 ・ブレンダー ・圧力鍋(活力鍋) 言わずとしれた…

夫婦をこえていけ?

旦那さんと出会って8年目、付き合って6年目に突入したらしい。 私は、日々に忙殺されていて失念していた。が、律儀な旦那さんはGoogleカレンダーを見て「記念日!記念日!」と言っていた。 彼は、「一緒」になにかするのが好きなので美味しい中華を食べるこ…

応援したいしブログが好きだからブロガーズフェスティバル2016に行く

昔から、誰か応援するのが好きだ。 中学生のとき、成り行きで応援団に入った。 最初は、嫌々変に足が出るスコートとダサいTシャツを着て応援してた。 そのうち、声が出るからと人前に出されて見栄えするからと団服を着ていた。 声を出して、応援するのは気持…

子鉄とママ鉄とレールと。

息子氏、1歳9ヶ月。 電車にのめり込んでいる。 最寄りの路線の特急列車や通勤電車が好きらしく、ずっと眺めている。 寝かしつけの本は、全て電車。 リアリティを好むのか、交通新聞社という出版社の手のひらサイズの電車のシリーズの本をいつも持ち歩く。 つ…

愛の一次言語と井戸掘りと。

何やかんやで、結婚して5年目くらいにはなる。 老けてみられることが多いが、これでも若い頃結婚したので新婚当初は衝突ばかりだった。 習慣の違いに戸惑い、ここ数年は生育環境や文化圏の違いに悲しんだり悩んだりしていた。 そんな時、ふたりで夫婦に関す…

憂さ晴らしと気晴らしと休息と

どうしても観たい映画があって、産後数ヶ月後に旦那さんに息子を託してでかけた。 久々の外出に久々の映画に。 頭の中は、映画のことでいっぱい。 ガチガチに授乳しなければいけない胸が張っていた。 それでも、とても晴れ晴れした気持ちになった。 が、久々…

小骨が喉に刺さるような日が続いたら。

こどものころ。 食卓に、焼いたニシンが並ぶと苦々しい思いで睨みつけていた。骨が多くて、脂っぽいニシン。 味は好きだけれど、箸が使い慣れない時期どうしていいか分からなかった。 だって、食べていると何だか小骨が喉に刺さっている気がするのだ。いやい…

続:珈琲との美味しい関係

いつかのブログで、珈琲は外で飲むもののような扱いをした。 ところが、だ。 我が家に、一気に珈琲の道具が増えた。ハリオの円錐型のドリッパー。それに合わせたフィルターに計量スプーン、コーヒーサーバー。コーヒーポットもハリオ。そして、ハリオのミル…

「ちゃんとしてるひと」より愉しいひとがいい

ずっと、長い間。 「ちゃんと」しなくてはいけないと思っていた。いまのダメな自分から、変わらなくてはいけないと思っていた。 ところが、息子が生まれてから余計に不完全なところばかり目立つ。怒るし泣くし、大声で叱るし、家事は中途半端でちっとも「ち…

ほどほどの不自由がココロの自由

「学校」が苦手だった。集団で動いたり踊ったり発表したり。顔が真っ赤になる。 ひとに合わせるのが苦手だ。なので、どこでも「空気」が読めない。ちぐはぐな行動をして叱られていた。 何もかも決まっていて、「学校」は不自由で嫌いだった。小学校の可愛く…

流れる本棚。

ひとつ入れたら、ひとつ減らす。 これは、私のお片づけの信条だ。信条に基づいて、キッチン用品から服、色々なものを整理している。 ただ難しいのが本棚。 とっておきたいもの、手元においてただ眺めたいもの、どうしても紙の本のカタチとして読みたいもの。…

アンテナを張り過ぎると、どうなるか

最近、からだが情報を絞って入れてるなぁととみに感じる。 本の類は、雑誌や読みやすいものをパラパラ眺めるだけだ。ネットも、息子が目を離せないのもあり観る時間が減ってる。テレビにいたっては、朝ドラとEテレくらいしかみていない。 本は、早く読むほう…

「生して殺すなかれ、与えて 奪うなかれ、賞して罰するなかれ。」のさきにあるもの

愛読している、鍼灸師の若林理砂先生のメルマガ。日々の養生のヒントがたくさん書いてるので、産後から購読してる。 最近来た春の養生のメルマガには、「生して殺すなかれ、与えて奪うなかれ、賞して罰するなかれ。」とあった。先生曰く「生かして、与えて、…

自分だけの「定番」を決めておく

新婚のころ。何だか浮かれていたし、家庭というひとつの組織を運営する者にしては新参者なので色々な事が分からなかった。 区役所の手続き。お葬式のおかねのこと。結婚式のマナー。どうやって献立を決めるか。 とりわけ分からず失敗が多かったのが、買い物…

エプロンでスイッチをいれる

むかしむかし。小さなラウンジの店長をしていた。 良いカップで珈琲を出して。顧客のひとが何人もいて。より丁寧に、と肩肘張って接客していたあの頃。 制服があって、サロンというながーいギャルソンエプロンのようなものを身につけていた。腰のラインで紐…

コツコツ掃除がかえって時短?

経験はないだろうか。 吹きこぼれが五徳にごっそりこびりついたコンロまわり。三角コーナーの嫌なぬめりや黒ずみ。排水口のザルのごみごみしたかんじ。 書いているだけで、ぞっとしてくる。 新婚の時、どうしてこのような事になったと特別な洗剤やらスポンジ…

日々を重ねていく。

子供が寝静まる夜。愚図るたび冷や汗をかくスーパーの店内やバスの車内。作ったご飯が床に落ちる様。 ネットで見る、キラキラした母子。SNSで集っている、仲間たち。 それは、ヒタヒタと迫ってくる。 楽しい!だけではいられない。苛立ちに孤独感に焦燥感。 …

家事の所要時間リストをざっくりメモしておく。

子供が生まれる前の、いっとき。タイマーで時間設定して、家事をするのが自分の中で流行っていた。 どれくらいで、洗濯物干しや食器洗いができるか。出かけるまで30分あるから、その間に何が出来るか。 そういうのを積み重ねていくと、5分でこの家事が出来る…

備忘録的:2015年買ってよかったモノ

雑誌やブログの買ってよかったモノリストやバックの中身特集が大好き。ひとのこだわりや買い物の秘訣を知ると、自分の買い物や定番がアップデートされる気がしてついつい読む。 そんな風に、ちょっと先の自分や誰かに楽しんで貰えたらと備忘録的に2015年買っ…

いるだけで、極端な話、息をしているだけで幸せを振りまいているかもしれない。

息子氏(こどものことだ)のお誕生日とクリスマスは微妙に近い。少し離れて暮らす義両親の家でお誕生日会をすることになり。お誕生日には、これまた少し離れて暮らす息子氏のひいおばあちゃんまで参加した。 普段行かないような街に一緒に行き、デパートでドイ…

家事の曜日を決めてしまう

自分で言うのも何だか、本当に私はものぐさで怠慢だ。その割に、片付けはしたいという何とも矛盾した生き物だ。 家事を効率化したり、何かルーティン出来ないかと考えた末に。 苦手な洗濯物関係と好きな片付けとお掃除ロボのルンバの走行する曜日を決めるの…

カフェオレ難民

世の中には、いつの間にかカフェラテが氾濫してる気がする。 コンビニのコーヒーマシン、スーパーの冷蔵庫、コーヒーチェーン、カフェなど。コーヒー飲料のコーナーやメニューをみているとカフェラテばかりだ。 海外での定義はわからないが、日本の大半のカ…

娯楽としての読書

小さい頃から、本が好きだった。 休み時間になれば、本をなるべく読んでいたかったし図書館にもよくいた。 中学生になると、家の吹き抜けの壁いっぱいの父の本を読み友達と本の貸し借りをして感想を言い合っていた。東京に出てくると、本の著者に会える!と…

スニーカーのゆるさ、ヒールの緊張感。

私には、贔屓目かもしれないが格好可愛くて良くて気立てのよい妹がいる。 最近、焦げ茶やゴールドが混じった髪色で少し刈り上げにした彼女は以前にもまして格好良くなっている。そしてボーイッシュに磨きのかかった彼女は、誕生日に伊勢丹でドクターマーチン…

イマを漕ぐ

晴れた日は、約9キロの子どもをおぶって片道20分ほど自転車を漕ぐ。 おかげで、産前の体重に戻ったし風をきって走るととても気持ちが良い。今では、漕がないと気持ち悪いくらいまでになっている。 運動後のプロテインも習慣になっている。 思えば、初めて自…

珈琲との美味しい関係。

小さい頃、珈琲の匂いすら嫌だった。気持ち悪くなって、敬遠していた。それなのに、仕事にせざるを得ない時期があった。付き合ってみると、少しずつ豆の挽きたての甘い匂いにやられる。どうしようもなく惹かれてしまう。 妊娠を機会に、誰もしりあいのいない…

モンスターを飼い馴らせ!

自分の怠惰のせいで、少し離れた駅に結婚式参列当日にクリーニング屋に駆け込み。スーツやらドレスやら袱紗を受け取りに行ってきた。これまた自分の怠惰で、前日遅くまでご祝儀袋やらなにやら用意して寝不足気味だ。 たいだ、たいだ、たいだ…… まぁ、いいか…

いまなら、泳げる心持ち。

昔から水が苦手だった。 プールはもちろん、風呂もカラスの行水よろしくさっとあがる。何年か前に、夫婦で沖縄旅行した時も海を眺めるばかりで美しい沖縄の海に入ることはなかった。 そんな私だから、かなづちだ。まず、水に浮くことが出来ない。力が入り過…

本棚は語る

「モノが少ないね」「赤ちゃんがいる家なのに綺麗ね」「貴女って合理的よね」 これは、我が家に来る人たち(義母やママ友など)が言う感想だ。 1LDKで3人暮らしで、子供が産まれて少ししかたっていないのにそこそこモノは多い。やれ、おむつだおしりふきだ、こ…

「丁寧」は、ある種の趣味

今年初めてのピェンローを作った。 ピェンローは、妹尾河童さんがdancyuで発表した白菜鍋のことだ。材料は、白菜に干ししいたけ、戻し汁、豚肉に鶏肉、春雨、ごま油のみ。 シンプルだけど、美味しく作るにはテキトウにやるのではなく色々お作法がある。入れ…